名古屋で突然声を聞いた

2017.07.20 Thursday 16:24
0

    ねえ、公正な未来がある
    名古屋と腫れの世界
    今日でも明日でも
    あなたは私をノックしませんか?

     

    どのような妄想
    外を見ながら
    突然私は声を聞いた

    ハーブティーを飲む
    机に振りかける
    "私は何をすべきか…"
    私はドアの反対側を見つめた。

    "名古屋が目を満たしたときに石になる"
    それが私の両親に尋ねたものです
    私の目はそうそうだ

    ストーリーでは常に何か
    一人ひとりが怖がっている。
    ところで私はそれを知っている。

    トントン、そしてそれは鳴った
    初めてのノック音
    緊張は何もない
    名古屋は十分ではありません。

    ねえ、予期せぬ世界
    想像以上に
    非常に簡単にドアを行う
    それは何かを開くことだった。

    名古屋でとびきりの焼肉を

    category:- | by:nagoya976comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected entry
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM