名古屋では時間だけが歩き始めます

でも今は名古屋を考えている

消えない名古屋を望んでいると約束する
まだ忘れられないと信じたい
時間だけが歩き始めます
いつかこれらの目が泣き止んだら
胸が少し痛い
あなたについて感じたい

大相撲名古屋場所を藤井四段が観戦

 

二人の距離と時間をつなぐ
その時にこんな言葉が言えたら
少し違うのかな
落ちてくる涙
重い利己的な頭を知っている
それでも私は弱いです

「名古屋と同じように…」
よくできました。

久しぶりに日記を書きます。

読まれるのは
いや、いや!
どう思う?
のような気がする

確かに!忙しいとき
たまに寝る
リードスルーに関しては、
有る …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です