配達の最後の場所は名古屋

 

場所は配達の最後の梯子である原宿でした。会社のワゴン車に搭載できない掃除機は正午までに山手線の友人と名古屋に持たなければなりませんでした。

当時、私はボディまたはホース+名古屋を持っていて、それを知っていました。

名古屋の野菜バル べヂロカ

私はすべてを想像力で書きました(笑)。

このサイトでは、様々なキャラクターを演じている鬼が多いようです(笑)。
私が大学生だったとき
私は友人の招待を受けて、内装工事のためにパートタイムで働いていました。
バブルについては名古屋していますが、まだ行っていない過去については、
それでも、世界は今より楽観的です。

インテリアデザインオフィスのスタッフとして、私は今のように少し意識的な学生として扱われました。
楽しかったです。そんな時代の話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です