名古屋ではヒップホップはトレンディでもない

確かにトレンディでもトレンディでもない
ヒップホップと言った男はずっと名古屋
最近ヒップホップを見つける
名古屋のヒップホップを聞く
これは脅威ではありません

名古屋の堀蔵

逆に、尊敬の現実
言葉の美学常にスキルを向上させる
言葉が鳴り、音が続き、それから

そのように
フリースタイルラップ
最近では、テレビや名古屋見ることができます。

前任者がgiv名古屋ingめずに続けたのは文化だからです。

まあ、それはいいですね。

ヒップホップ愛好家として、ヒップホップ愛好家が増えることを嬉しく思います。ヒップホップについてもっと知りたいです。

今日、ヒップホップの歴史を知ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です