名古屋で私はすぐに変化に気づきました

名古屋も子供を返します

そのように考える
私は名古屋適切に直面していませんでした

5年前
遠く離れていた姉が重病で倒れた時も
名古屋はそれをあまり真剣に受け止めていないようでした
他の誰かのような場所
現実を受け入れたくないからなのか?
その時思った

あなたが今それについて考えるならば
看板はその約2年前です
起きていたような気がする

その時、私はすぐに変化に気づきました
あなたが何かをすることができれば
多分何かが少し変わった

眠れない夜
必ず考えてください

気に入らなかったと思った
やっぱり親は親

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です