名古屋での現実は変わる可能性があります

だから誰も名古屋を判断することはできません、
私だけが自分を救うことができます。

自分を幸せにすることに集中してください。

まず、「名古屋リアリティ」の存在がすべてだと思う世界は、私の心が見た世界だということを忘れないでください。

悲しい精神的現実は変わる可能性があります…多分。

しかし、それでも難しい場合があります。

名古屋は精神的な現実に直面するすべての人を尊重します。

そして、お悔やみ申し上げます。

初めてオンラインでシンポジウムを見ました。

飛躍、性的虐待、売春..。

私は自分が娘だと思って泣きました。

ここの男性(目)!

女の子が自分の体を許すのは簡単ではありません。

行為に愛と暖かさがあれば、何かが得られるでしょう。
逆に、大雑把に扱われ、評価されない利己的な行為であれば、減額されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です