彼女を強く抱きしめたのは名古屋

美咲諭のキスを磨きながら、彼女は孝志を強く抱きしめた。
名古屋は制服のスカートを持ち上げて、登場した名古屋を大まかにこすった。
ミキは尻の刺激としてもう一度感じ始めた。

名古屋の不定休男女の出会い

薄い唇が近づいています。
ミキは目を閉じ、羊飼いの唇の感覚を味わった。
彼は聡子さんの右手をつかんで、頑張って完成した股に向かっていました。
心が腫れて、癒された鼓動が再び脈を打つ肉体に触れた。
名古屋の右手をゆっくり上下に動かしてください。肉の感じを最初から根まで味わってください。
佐藤の手は箕木の手首をつかんだ。
ミキはしばらく躊躇したが、自分の意志で手を動かした。ゆっくり上下。

三木の愛撫をしばらく楽しんでいた里子は、嘘つきの両側に手を運んだ。
それから私は再びキスして、三木を教授の棒から抱きしめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です