名古屋では私はマイクを持って走った

「名古屋…ミ…澪」

私は今消えそうな声で聞いた。

「名古屋はどうしたの?」

雷は高木の心の中を走った。

イヤホンマイクを持って耳に付けます。

ナゴヤ子ども・親総合支援推進調整会議(名古屋)

私は思ったと思いましたが、立花と彼の妻は最悪のシナリオを経験しました。

向こうから来た狼の泣き声
父、母、そして泣く
それは恐れのすべてによって支配されました。

「名古屋!
あなたは私に何をするのか? !
あなたは何をした! ! 「

彼は大雑把な言葉を発して壁を叱った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です