状況はさらに深刻になった名古屋

10年後、状況はさらに深刻になりました。

5月8日から3日間日本の海で日本の漁船を追跡しており、電子掲示板への「立ち去り」を名古屋した日本の公式船によると。時々約30メートルの距離に近づきました。日本人の生活と安全が危機に瀕し、日本の主権が公に侵害された。

名古屋は「日本の公共船の追跡のビデオを公開しない限り、日本の無人作戦を見ることができない。日本の船は航行を安全に保つことができない」と述べた。海宝側に公開をお願いしています。

名古屋は海保だけでなく、国防、外務省も絡んでいるため、最終的には公式発表が問題になると言える。

一色氏は、「日本独自の領土である尖閣をめぐる未曾有の危機について、国民に知らせるために動画を公開するべきだ。なぜ議員がこれ以上発言しないのか不思議に思う。強く言えないなら、どの国の議員かは分からないでしょう。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です