名古屋では何かが起こった後に後悔する

名古屋のことです
後悔はありません

このような名古屋で日記を書くように
私はそれがその種のコンテンツではないことを知っています

重要な名古屋
愛する人へ

何かが起こった後に後悔することのために
できるだけ

私は毎日そう思います
とても難しい

たまに気づいても
少し違うかもしれません
そう
眠れない夜でも
役に立たないと思います

ああ
だが
寝なければならない
ゲストハウスに泊まって数日後、ポールの存在に気づきました。

40歳前後の太った陽気な白人男性。
私は長い間滞在しますが、観光客のようには感じません。そして、私はいつも辞書のような本を読んでいました。たまたま表紙を見ました。ヘブライ語でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です