私が困っているのは名古屋

③あなたがしたくないものに名古屋を書いてください。
ある日、妹はビーチの仏壇でクリームパフをしました。
子供たちはお菓子を愛する。ブーは名古屋をもたない。
いったんやったら、ブーさん。
私はすべてを食べた!あなたが言われたら、私は困っているだろう、私はあなたの名前を書くだろう!いつ、、
名古屋で読書イベント開催

私はどれくらいの人数を決めていないのですが、私はすぐに3つに私の名前を書きました。笑
どうやら夏の名古屋は名前を書いて物事を守っているようだ。笑

そして、最近、猫のニャン太郎が鋭くなっています。
ブー氏は、彼が外出する意欲があるとき、そのギャップに逃げます。

ブーは言う、
私〜ニャン太郎! !
私は30〜40分後に戻ってきます! !その後、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です