名古屋を利己的な理由で去る

名古屋をたくさん飲んでも泣いているのなら、
「抱きしめて!」 「私は泣きます」愛をください! 「

あなたが利己的な理由でそれを去るなら、あなたは何をしますか?
はじめは名古屋を泣いています。
それでも両親は来ないでしょう。
名古屋の鉄板居酒屋『銑(ずく)』

それから赤ちゃんはすぐに泣かないでしょう。
私はあきらめて昏睡状態になります。

たとえ私が泣いても泣いても、私の両親は私に愛を与えません。
成長するとき、私は愛されています、私は私が愛するものがわからない、
愛の名古屋は、麻痺した人間になります。

夫に愛されていない妻についても同じことが言えます。

夫と話をしても
私は仕事にうんざりしている “、”明日にやる “対戦相手になることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です