何回も招待される名古屋のママ活

月に何回もあると思うなら

そうすべきではないのだろうか。

名古屋のママ活私は疲れを感じる …

 

愛知・名古屋でママ活できそうな女性 〜岡崎・一宮・豊橋・豊田・豊川でもママ活にチャレンジしよう

学生のレポート。

↓↓↓

海外ボランティアの意外な影響

大学3年生の3月、友人から10日間の海外ボランティアプログラムに招待されました。

地震の体験を海外の学生に伝える内容で、私のチームはベトナムに派遣されました。

大使館訪問、大学でのプレゼンテーション、途中での2日間のホームステイなど、たくさんのコンテンツがありました。

また、地元の学生と七夕の飾り付けをしたり、よさこいを披露したりして、日本文化を伝えました。

途中、ホームステイ先の子供とのコミュニケーションが心配で、屋台でおやつを食べたり、お腹が空いたり、予備の薬を飲んだりするピンチに見舞われました。充実した旅でした。

ベトナムで受けたショックはとても大きかったので、帰国後しばらくの間、日本での日常生活はぼやけているように見えました。

ぼんやりと自分の将来を考える日々が続いた。

地元の学生との交流やベトナムでの発表の機会を通じて、「コミュニケーション」に強い関心を持っていまし名古屋のママ活た。

ようやくピントが合ったとき、「アナウンサーになりたい!」という夢がありました。この胸に。

思ったのですが、吉日とそれから急いでアナウンサーになる準備を始めました。

申し込みの直前にアナウンススクールに転校して入学し、歯がきちんと合っていなかったため、本格的に矯正治療を開始しました。

彼女は自分がこのようになるとは思っていませんでした。

長年、私の夢は主婦になることでした。

人生は予想外の継続です。

でもアナウンサーになっても幸せな家族ができると思います。

名古屋のママ活海外のボランティアが引き起こした思いがけない夢を大切にし、日々頑張っていきたいと思います。

↑↑↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です